相手にあった婚約指輪とはどういうものか

婚約指輪

婚約指輪は永遠の愛を形で伝える大切な指輪です。ですが、素材やデザイン、価格など様々な為何を基準にして決めれば良いのか悩む方も少なくないかと思います。婚約指輪は男性から女性に贈る指輪な為、女性の憧れのブランドや好きなブランドの指輪にする方が多いようです。また、女性の職業や使用頻度なども考え、毎日付けても問題ない職場であれば、シンプルなデザインを選ぶ傾向があり、休日や外出の時に付けたい方は少し宝石が大き目であったりもします。婚約指輪は婚約の証として贈られる指輪の為、結婚指輪と別になります。その為、結婚指輪と一緒に重ねて付けられるようにシリーズを揃えたり、重ねて付けても違和感のないようなデザインを選ぶ方もいるようです。婚約指輪と言えばダイヤモンドと思うかもしれませんが、パールやルピー、サファイアもオシャレでオススメです。最近ではピンクダイヤなどのカラーダイヤも人気があります。

婚約指輪の基本的なデザインとは

婚約指輪のデザインはセンターストーンを引立てたデザインや、メレと言われる0.1カラット以下の小さな石を使ったデザインなど4種類ほどあります。一つ目はソリティアという最もオーソドックスなデザインで指輪の中に埋め込むタイプと一粒石の指輪で石を立て爪で止めるタイプがあります。二つ目はメレというセンターストーンとメレを組み合わせたデザインです。センターストーンが小ぶりであったとしても、石の数が増えるので華やかさがあり、見劣りしにくいメリットがあります。三つ目はパヴェというメレを敷き詰めたデザインです。センターストーンを組み合わせると更にゴージャス感がでます。四つ目はエタニティと言い同一サイズの石がリング全体に並べて埋め込まれているデザインです。普段使いをしたい女性には石が埋め込まれたタイプのメレやエタニティが人気のようです。

婚約指輪の相場はどのくらいなのか

婚約指輪の平均購入価格は約20万円から30万円前後くらいになります。指輪の価格としてリング素材やダイヤモンドの品質でも価格は変わります。リング素材はプラチナが人気で熱に強く酸やアルカリにも反応しない為、変色や変質しにくい素材で金属アレルギーの方でも反応が起きにくいのが特徴です。プラチナよりもゴールドの方が低コストで加工しやすい素材で、多少の変色はありますが、お手入れ等で戻す事が可能です。ホワイトゴールドやピンクゴールドが人気です。ダイヤモンドは色・重さ・透明度・研磨の磨き状態の評価が高ければ高い程高価になります。リング素材やダイヤモンドだけでなく、複雑なデザインであれば手間もかかり金属の使用量も多くなる為高価になります。指輪を選ぶ際は何を重視して選びたいかを考える必要があります。指輪を購入する際はショップのフェアやキャンペーンを利用する事でリーズナブルに購入する事ができます。